昼顔「映画」観た方いますか? ドラマから観てたものですが 映画は、

昼顔「映画」観た方いますか? ドラマから観てたものですが
映画は、キャストが一部変わってたので
観ず結末も知りませんでした
ノリコが車椅子生活ってのは
当時、ネットで出てたので知ってました。
で思うんですが
何なんですかあの結末は?
フィクションというのは勿論分かります。
でも、あのラストって意味あったんですかね
北野裕一は、ノリコのせいで死亡
残されたサワは放心状態で
自殺を図るも妊娠してると知り
生きると決める
ノリコも建前上は許してたのに
この仕打ちは酷すぎませんか?
サワもそれなりの批判は受けるとしてたのに
観た人感想聞かせてください



初めて見た時は、私も似たような感想で、あまりに衝撃でした。
でも見直して見るとアレもありかなと思えました。
ドラマ版でリカコが「昼顔」という映画ついて浮気相手に語るシーンがあります。男は「金持ちのマダムが昼に売春するって映画でしょ?」と聞くとリカコは「悪いことをすると罰が当たるって映画よ」と言います。
映画版を暗示してるのかは謎ですが、ドラマも映画も、この話は「悪いことをすると罰があたる」をベースに描かれてると思います。
北野先生やサワは勿論、妻のノリコだって独身時代に不倫してた訳で、結果、自分も不倫され愛する夫を亡くしてしまう。罰と言うと宗教的なので、因果応報の方がいいかも。自分のした事は自分に返ってくるという事です。
その意味でも例えば北野先生とサワが愛を誓って心中するラストでなく、片方が突然亡くなる方が苦しさが増します。しかも入籍を約束した日の夜という最悪のタイミング。悲し過ぎます。でもそれではサワがあまりに救われないので、子供を授かる事で彼女に希望を添える終わり方にしたのも良かったと思います。
不倫ドラマの続きの映画など期待してませんでしたが、演出といい表現といい、とても丁寧に作られていて、かなり良い出来の映画だと思います。演者も皆上手でした。
でもやっぱり悲しいラストですね。
◆ドラマ以上に良くできてると思うよ。
映画のわりに編集がきいてまともってるいる。
ドラマ派の私だが、この映画に限っては映画が上をいった感じ。
◆そこですべて上手くいってしまったら、不倫を勧めているようなもんですからね。
だからTV的には、二人が結ばれるのはNGだったのかと思いますよ。