離婚します。 夫の不貞行為が離婚の原因です。 私にも原因があったの

離婚します。 夫の不貞行為が離婚の原因です。
私にも原因があったのですが、人の道を外れたことはちかってありません。
弁護士に相談し(未着手)所有の家(連帯債務共同名義ローン残有)は夫が不倫相手と住んでいきたいということで譲る。もちろんローンの借り換えは絶対条件。
預貯金は全額こちらへ渡すと同意ができてました。
夫の父親が納得いかず弁護士をたててきて、もう嫌になって現有財産の折半で早く離婚を成立させて欲しい旨、慰謝料など放棄しました。
不貞の証拠も突きつけましたが、それでも悪びれる様子はなく、嘘をついて弁護士にも依頼したほどです。
駆け落ちして(考えてた様)逃げられたら家は債務がこちらに来るし、早くこんな人間のクズと別れたいと思う気持ちの結果でした。
お人好しすぎるのでしょうか?



いえ、賢明です
リスクを考えて譲歩するのは賢い
お馬鹿は権利を主張し続け、リスクを回避しない
そもそも居ないほうがマシな相手。本来金払ってでも別れるべき。それをノーリスクにしただけ賢明
◆慰謝料放棄するなんて、なんのための証拠なのか、意味不明です。
◆お人好しというよりは、もう少し慎重になってもよかったのかな、と思います。
ですが、既に協議が成立してしまったのであれば、今更何を言っても遅いですから、
過去は振り返らず前進あるのみですね。
新たな一歩を踏み出してください。
◆資産、財産分与が関与する離婚でしたら、法的判断をするべきです。
家庭裁判所で離婚調停し、調停調書を取るべきです。
特に家のローンがある場合、後々、問題になる事も多いようです。
◆まぁ一点だけ、慰謝料放棄はそこまではっきりしていて何故なのかなと思いますね。あなたの悪かった点が影響してるんですかね?
◆お人好しというより、言葉が悪くて申し訳ないですが、「甘い」と思いました。
まだおそらくお若いんだと思いますが、次の点が理解できません。
・いったん合意した事項を第三者である義理の父の介入により覆したこと
・不貞行為の慰謝料を放棄したこと
・現有財産の折半という条件の割に、連帯債務のローン負担という過大なリスクを負うこと
・「人間のクズ」に対して「お人好し」をしようとしていること
文面を見ていて、余計なお世話ですが、この先の人生が心配になりました。