旦那が約16年不倫してました。 そして、来週、弁護士さんと面談します

旦那が約16年不倫してました。
そして、来週、弁護士さんと面談します。
私は、女に慰謝料請求金額を五千万円請求しようと思ってます。
ムリだと思いますが、これ以上の額を請求したいくらい です。
不倫の事実を知らないまま、産んだ子がいます。
請求額は、自由らしいので…高額請求したいです。
分割でもいいので、約16年、払い続けてもらいたいです。
今から弁護士さんと話し合いながら進めて行きます。
旦那にも同額プラス女に貢いだであろう額を請求しようと思ってます。
どのくらいの期間で決着が着くのでしょうか?
揉めそうです。不安です。
子どもが夏休みに入ると、なかなか動けそうにないです。
既に不倫発覚から3ヶ月経ってしまいました。
弁護士さんと話がつけば早くに解決するのでしょうか?



心中お察しいたします。はらわたが煮えくり返る思いをされていることでしょう。
さて、もう、他の方も多数回答を書き込んでいらっしゃるので重なる点もあると思いますが、まず、気になったのは、あなたは離婚を望んでいらっしゃるのですか?それとも婚姻は継続して相手方女性と旦那さんから損害賠償を取るだけのつもりでいらっしゃるのですか?
離婚を前提に考えていらっしゃるようであれば、他の方がおっしゃる通りです。
婚姻を継続してくのであれば、調停も裁判もしないで、あなたの弁護士さんから相手方女性のもとに書面で期限(二週間から一ヶ月ほど)を設けた請求がかけられ、女性はそれを見て自分にも代理人を立てて話し合いをしようとしてくるか支払いに応じるか、裁判にでもならない限り返事もしてこないか…そんな感じになります。相手方女性の名前や住所は正確にわかっていますか?
もし、裁判になった時、客観的に証拠となるものを書面でだせますか?法廷に戦いのステージが移行すると感情論は通用しなくなってしまい、ひたすら書面主義で粛々と話が進んでいきます。感情も書面にして提出です。
高額の損害賠償を求めたい気持ちは痛いほどわかります。私もそう思っていました。
ただ、そこで気を付けなくてはならないことがありました。
他の方のおっしゃる通り、日本はこの手の損害賠償はびっくりするくらい相場が低いです。現実的に、100万から300万が取れれば御の字です。そして、それは相手方女性とあなたの旦那さんで支払ったことになります。
不貞行為の損害賠償として相手方から得た金額の半分は、その後に離婚した時に旦那からすでに支払われているという扱いを調停で受けました。
双方が弁護士を立てて、弁護士同士で話し合いを進めてくれれば話は一番早いですが、思ったような結果は得られないと覚悟しておいたほうが良いですよ。
◆はじめまして
「弁護士さんと話がつけば早くに解決するのでしょうか?」
相手の弁護士?話が付くとすれば旦那&不倫相手優位な結論かな?
以下が貴女優位な考え方
1.家庭裁判所に離婚調停を行う
代理人(弁護士)か旦那本人が来ると思いますが速攻で離婚成立。
裁判所命令で貴女の戸籍は離婚済みになります。
家庭裁判所裁判官が「離婚を確認し了承します。現時点で成立です」と宣言します。裁判所を出た時点で貴女は独身です。離婚届も不要です。
2.損害賠償&慰謝料請求
好きな金額を【請求】できます。100億円でも可能。
でも、相手の支払い能力や過去の事例から法外な支払い命令は不可能だと思います。
他の回答者にあるように200万円を境に考えましょう。
貴女の精神的肉体的負担はこのぐらいに推定設定されます。
不倫相手の女の年収も確認しましょう。裁判所で調査出来る事も有るので調停委員に相談してください。
3.養育権&親権&養育費&専業主婦の年金←とても大事
1にある裁判過程で決めちゃいましょう。
大事なのは慰謝料よりも継続的な養育費。毎月6万~(人数や収入による)
は請求しましょう。請求金額や元旦那の年収から裁判所が最終的に決定します。
ただし、支払い義務はある物の遅延や不払いもあるので念書として子供が成人するまでの合計金額に署名押印させ、財産差し押さえも辞さない旨の確約を摂ります。
養育費はオムツ代から食費、入学金学費、高校大学の寮費、現在の家賃の一部も総合的に勘案します。持ち家でローンが有り、住み続けるならそれも請求します。ただし、全額は難しいでしょう。家賃分くらいの負担は差し引かれます。給食費も医療費も常識的な金額は請求できますから。まぁ国公立の金額で考えて+αで行きましょう。
裁判所は養育権を持った親(貴女)には寛容に追認してくると思います。
貴女は被害者です。不倫が無ければ一生添い遂げる尽くす女であったことを涙とともに訴えましょう。
ただし貴女に非が有る行動が旦那の主張で認められれば旦那は逆転無罪?もあり得ます。事務手続きには感情的にならず、クールに対応しましょう。
事務官や調停委員、裁判官は中立と言いながらも不倫で離婚する貴女に不利な条件は向けないでしょう。
貴女が再婚したら、貴女と子供の上記権利が一部または全部を消失する可能性があります。その部分もお忘れなく
貴女の弁護士さんを市役所区役所に相談して選任しましょう。弁護士ドットコムでも離婚エキスパートの弁護士さんがいらっしゃいます。
以上で貴女の旦那は地獄行、不倫相手は地獄でも旦那と一緒にいてくれるかな?
頑張れ~~~
◆裁判で判決を貰うのであれば1年から1年半でしょうか。
ご主人、相手側女性と合わせて離婚するなら300万、しないなら100〜200万の判決だと思われます。
請求額は自由ですが、弁護士費用がかさむだけだと思います。
過去の判例を検索してみれば参考になりますよ。20年以上の関係でも300万位です。
そんなもんです。
悔しく辛いお気持ちだと思いますが、あなたが過剰な反応をすればするほど旦那様と相手側の結束は固まってしまう可能性が高いです。
離婚意思があるならいいのですが、修復を目指すのであれば女優になりきり、優しい奥様を演じて居心地いい環境を作り、ご主人に罪悪感を芽生えさせ家庭に戻すのが良いと思います。
夫婦関係修復は、相手の女性に出来る1番の復讐ですよ。
◆不貞の期間が長いので相場よりは高くなります。
しかし、相手の年収が1億くらいなければ5千万の慰謝料は
まず無理です。あと不倫というのは共同不法行為なので
5千万を旦那と相手に請求して1億もらうのも無理です。
裁判になるとまず、こちらが欲しい金額よりも低くなります。
なので、皆示談にして、裁判にしない代わりに相場より多少多めの
慰謝料で示談にするのです。
日本は先進国のなかでも不倫にとても寛容な国の一つです。
同じ経験をしたものとして、心情はよくわかりますが
二人合わせて1000万取れれば、めちゃくちゃ儲けものです。
裁判にしても、数百万がいいところでしょう。
裁判所は支払能力を超えた賠償額は認めません。
なので、相手が示談に応じなければ、もらえる金額は減ります。
相手から1円でも多くとりたいのであれば、法外な請求は逆に
あなたにとって不利になります。
裁判にしてもらえるお金は多少少なくても、相手が社会的に制裁
されることを望むのであれば、目いっぱい請求して裁判すれば
よいと思います。
日本は犯罪者にとってはとても優しい国なのが現状です。
請求するのは自由だと言っている弁護士はどうかしてるのでは?
◆相手の女性の収入が格段に高いのなら払えるかもしれませんが、常識的に考えても難しいと思います。
裁判で支払い命令だ出たとして、「払えません」で済んでしまう場合もあるんですよ?
お金が無いから払えない。社会的地位の低い人にありがちな、失うものは何も無い!って人なら、開き直って終わりです。
相手に慰謝料を払う意思があり、ある程度収入がある人間だとしても、離婚をしないのなら取れても20万〜30万程度。
離婚するなら一桁上がるでしょうけどね。
離婚をするなら、離婚をしてから慰謝料請求です。
再構築を選んで、はした金を受け取って和解となり、その後やっぱり許せなくて離婚したとしても、離婚したから残りのお金を支払え!と言っても無理ですからね?
決断したら、キッチリ取れるだけ請求しましょう。
◆弁護士の相談前だから五千万なんて言ってるけど・・
請求するのはあなたの自由です。しかし慰謝料なんてものは不貞により離婚する場合でも裁判所が認めるのは300万円ぐらい。長期だからそれも加味されてもう少し多いかも知れないが、現実離れした請求をしても無意味。もっとも弁護士があなたを説得するだろうけどね
弁護士が良い人ならいいが、ちょいと悪い人なら、高額請求に大喜び。裁判の結果に関係なく着手金は請求額の○%。仮に10%だとして着手金が五千万の10%で500万。裁判の結果、慰謝料が500万だとして、元が取れない。裁判で決まった500万に対してさらに成功報酬が○%
五千万の請求は現実離れし過ぎ。弁護士からもそう言われますよ